病気で学校を公欠

病気の場合の学校公欠

学校が病気で公欠となる場合

病気で学校を休む際に、公欠となる場合があります。ジフテリアなどの稀ではあるが重篤な伝染病の第1種伝染病は完治するまでで、インフルエンザやはしかなどの飛沫感染の恐れがある第2種伝染病は、インフルエンザは解熱した後2日を経過するまで、おたふくかぜは耳下腺の腫脹が消失するまでなど病気によって基準があります。流行を広めてしまう可能性のあるチフスなどの第3種伝染病は医師により伝染の恐れがないと判断されるまでなど、学校保健安全法によって定められています。病院で出席停止と診断された場合は、医師の診断書を後日提出します。

公欠にはどんな意味があるの

学校の部活に入っている方なら、コンクールや大会の都合で公欠をとったことがある方いますよね。公欠になる場合とは、部活動で公式戦に出動する他にも交通の公共機関が自然災害により動かなくなった場合があります。また、受験で学校に行けない場合もあります。欠席とは個人的な理由で、出席ができない場合のことをいいますので混合しないようにしましょう。インフルエンザなど誰かにうつる可能性のある病気の場合は、出席停止扱いになります。認められた場合の休みになりますので、悪用しないようにしましょう。必要な時には利用をすることが大切です。

学校の公欠の情報

↑PAGE TOP